MENU

私たちの仕事

営農とは?

【営農 = 農を営む = 農業を経営すること】

農業者はお米や野菜、果実、酪農、養鶏等の農畜産物の栽培・育成を行い、販売することで、収入を得ます。また、翌年の栽培・育成を行うため、肥料や生産に関わる資材・資産(トラクター等)を購入して準備や拡充を行うとともに、経営に必要不可欠な簿記や税務、経営診断などから経営状況を見直します。さらに次年度の栽培・生産・育成計画を立てて、次の生産を迎えます。この一連の流れである「農業を経営すること」つまり「営農」について、総合JAには農業者への支援・指導等を行う「営農指導事業」という事業があり、その事業に携わるのが、「営農技術員」になります。

営農技術員の役割

農畜産物の栽培・育成についての指導や販売の支援、農業経営の相談・指導、市場の情報提供、新しい作物や技術の導入など、農業者の営農支援のための活動です。農業の技術や経営、農畜産物の販売について農業者の相談相手になり、指導を行っているのがJAの営農技術員です。そのため、農業者の田畑や選果場等へ出向くフィールドワークが中心になります。営農技術員はJAの顔と言われるように、JAと農業者を結ぶパイプとして重要な役割を担っています。
営農指導員は個々の農業者の技術・経営の指導だけでなく、その他に、地域農業振興ビジョンの策定、農地利用調整、生産部会活動の支援など農業振興にかかわる営農企画機能も担っています。さらに、担い手の育成、安全・安心農畜産物生産体制づくりなど幅広い役割を担っています。
現在、長野県にある16総合JAの営農技術員は745名(令和元年度時点)が営農事業に携わっています。

営農技術指導 01

営農技術指導

組合員の営農について相談を行い、品目の選定や栽培技術、販売活動を通じ農業経営としての総合的な指導を行い、農業所得の増大と経営の向上を図ります。

事例:
  • 経営指導と経営診断及び簿記税務資金等の相談
  • 専門技術指導と一般技術相談
  • 生産基準作りと生産工程管理指導
  • 販売の提案指導と農産物の品質向上及び安全安心確保対策指導
営農技術指導
地域農業振興 02

地域農業振興

地域農業を創造し振興方針及び生産計画等の樹立と実践支援を行い、組合員の営農活動基盤である地域農業の振興と強化を図ります。

事例:
  • 地域農業振興ビジョンのコーディネーター的な役割を発揮した産地づくり支援
  • 生産計画に基づいた生産推進活動によるJA事業利用の拡大
  • 国の政策支援及び補助事業の導入対応など地域営農の高度化の推進
  • 農地、労働力、農業機械、施設等の地域営農資源の有効利活用調整の推進
地域農業振興
コーディネート 03

コーディネート

組合員の営農活動に係わるJA営農関連事業の全体をコーディネートし、また営農指導に係わる最新の情報・技術・アイテムを活用して、営農事業活動による組合員メリットの最大化を図ります。

事例:
  • マーケットインの産地づくりを基本とした生産販売関連事業の推進
  • 生産購買事業の運営相談機能と指導購買の推進
  • 共同利用施設等の運営と利用推進
  • 営農技術の改良と関連資材の導入指導推進
  • 組合員の農業投資に関する融資の相談窓口
  • 営農関連情報の収集及び分析と活用
コーディネート
担い手づくり 04

担い手づくり

地域農業の中核となる担い手の育成を基軸に、多様な担い手及び組織活動に対する支援活動を通じJAと組合員との結びつきの強化を図る。

事例:
  • 集落営農組織の育成と生産・販売・経営など広範な支援活動の展開
  • 中心的担い手に対する出向く営農指導
  • 生産部会活動を支援し産地の強化を推進
  • 新規就農支援による地域農業の後継者づくりとリタイヤ農家の経営継承を推進
  • 担い手のニーズを踏まえた営農指導内容の改善(PDCAサイクル)
担い手づくり

インターンシップ制度インターンシップ制度農業支える営農技術員の仕事を体験し、農業に携わる楽しさを感じてください。

充実した研修制度充実した研修制度職員一人ひとりが活き活きと仕事ができるように、研修制度を通じてキャリアアップをサポートします。

ページの先頭へ